スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小鳥の話 小さな家族

ずっとずっと悩んでいたことを
今日は書こうと思います。

小さなあの子のお話です。
とても長いのでお時間がある方だけどうぞ


今朝、ご近所のママに
「家の前にいたの。何食べさせたらいいんだろう」と
見せられたのは、めじろの赤ちゃんでした。

私は、
 
 めじろの子は巣から落ちたのではなく、植え込みなどで
 ある程度大きくなるまで育てられること

 めじろの親はスズメとは違い、人のにおいのついた子どもを
 すぐにあきらめてしまうこと

を、お話しました。

猫やカラスに注意しながら
そのママは、少し高めの木の枝にその子を戻しました



私はこのことについてよく知っていました。
なぜなら、少し前に同じ経験をしたからです。



うちにあの子がやってきたのは
5月の下旬でした

041_convert_20110909132959.jpg

やはり同じように家の前を
風に吹かれて転がるようにしていました。
緑色のまぁるい宝石みたいでした。

親は近づいたり遠ざかったりしながら
一生懸命子どもを呼んでいました。

巣から落ちてしまったんだ。

その時はそう思いました。
このままいたら、車に轢かれてしまう。
ゴミ置き場にやってきたカラスもそばを飛んでいる。
とりあえずと思い、手に取り、家に入れてしまったんです。

小学生の頃、スズメの子を保護して
2週間後に親が迎えに来る、という経験をしていました。
きっとめじろも同じだろうと・・・。

でも、それらの考えが全く間違っていたことを
翌日、愛護センターに電話した時に知りました。
上に書いてあるようなお話をされました。

2日ほど降った雨のあと、外に出してみましたが
親の姿は見つけられませんでした。


何度も愛護センターの方とお話しました。
とにかく、飼ってはいけないこと。
万が一、ネコヤカラスにやられてしまっても
それが自然だから仕方がないこと。

それでも、1度手に取って、可愛いと思ってしまったら、
植え込みの中に置いていくことができません。
何度も外へ連れて行っては、また家に引き返す。
そんなことを繰り返しました。


そうしている間にも
あの子はすくすく育ちました。
ごはんもいっぱい食べて、大きな声で鳴いて
手を出すと乗ってきて、首を掻いてくれ、とすり寄ってきます。
遊べるようにと入れてあげた鈴をつついて鳴らしてくれました。
サクランボが大好きで、楊枝に刺してかごに入れてあげると
種のまわりからつついて、美味しそうに食べました。


飛べるようになったら森にはなそう。


そう決めていました。


車で少し行った公園に飛ぶ練習をしに行きました。

008_convert_20110909133114.jpg

車の中で、かかってる音楽に合わせるみたいに
あの子はずっと歌っていました。


014_convert_20110909133149.jpg

木の上にとまらせてみました。
とても格好いいです。
でも、やっぱり飛ぶことはできません。
羽をバタバタしながら落ちていきます。


044_convert_20110909133324.jpg

お花も見せてみました。

この頃にはずいぶん羽も生えそろってきて
うちの来た時と比べると、しっぽも伸びて鳥らしくなりました。

こうして練習して行けば
いづれ、そのままパタパタと飛び去って行く日がくると
思っていました。

うちのベランダに、とりかごの戸を開けっ放しにして
1日数時間出しておくこともしました。
もしかしたら親や仲間が気づいてくれるかもしれない、と思って。



でも、それは叶うことなく
あの子は死んでしまいました。
7月の半ばでした。

何かに驚いたのか、かごの中で片足を痛め、
病院にも連れて行きましたが、
かばっていたもう片方の足も痛めてしまい
どうしても助けてあげることができませんでした。

家族4人で、家のまわりに埋めました。
4人で、お花や好きだったサクランボや
さいごは止まることができなくなってしまった止まり木を
一緒に入れてあげました。


野鳥なのに、とても甘えん坊な子でした。
姿が見えないと、鳴いて呼びました。
撫でてもらうのが大好きでした。
さいごの日、いつもより元気がなくて、
それでも名前を呼んだら返事をして
なんとか手の上に乗ってこようとしました。
何時間も抱いて、よくなることを祈りました。


私が拾ってしまいさえしなかったら、と思うと
あの子とあの子の親に申し訳なくて、泣いてばかりいました。
娘たちにも余計な悲しい思いをさせてしまったことを
謝りました。

小娘はあの子との楽しかった思い出を話して慰めてくれました。
大娘は、拾わなければよかった、というのは
うちの家族になったあの子に対してよくない、
あの子はとても楽しそうに鳴いていたよ、と言ってくれました。


短い間でしたが、うちの小さな家族でした。

家族の前では泣くのはやめましたが、
ずっとずっとあの子のことが忘れられなくて
どうして助けられなかったんだろうとずっと悔やみ続けました。
できることならもう1度会いたい、とずっと思ってきました。



今朝のめじろの赤ちゃんは
きっとあの子が会わせてくれたんだと思います。
そして間違えることなく、どうしたらいいか教えられたこと
それが私の気持ちを一番軽くさせることだって
あの子がそうさせてくれたように思うんです。

めじろの赤ちゃんが親の元に戻れることを心から祈っています。


026_convert_20110909133221.jpg

ちゃんと教えることができたよ、ありがとう
あの子に心の中でそう報告したら、涙が出ました。


これから同じ間違いは2度としないこと。
あの子のことを忘れずに、でも悔やんでばかりいないこと。
今はそんな気持ちでいます。
家族の写真の中にあの子も加えようと思います。





これを読んで、不愉快な思いや、非常識なやつだと思う方も
いらっしゃると思います。
いけないことを美化しようと思っているわけではなく、
あの子がいたこと、とても可愛らしいいい子だったことを
どうしても書き残しておきたくて思い切って書きました。









にほんブログ村 犬ブログ パグへ
にほんブログ村

犬ブログ パグ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

そっか・・・あの子は別のお空へ行ってしまったんだね。
人のにおいがついてしまったら、もう親の元には戻れないこと、私もココで今、知りました。
野鳥に関しては、まったくわからないから書いてくれたことで知ることが出来て良かったです。
同じような機会は、きっと皆にあると思いますから。

命あるものと一緒に過ごした時間は、どんなに短い時間でも心に深く刻まれます。
知らずにしてしまった行動で後悔もあるでしょうけれど、最期まで看てあげられたことが家族として過ごせた証しだと思います。

読んでいて想いが伝わってきて泣けてしまいました。
世間的にしてはいけなかったことでも、きっとあの子にとっては愛情をたくさんもらえて幸せな時間を過ごせたのではないかと思いますよ。

No title

ほっぺじーじさんの仰るような
不快な思いもしませんでしたし、
非常識なやつだとも思いませんでしたよ
お気持ちが伝わってきて、ただ、涙・涙です。

ネコやカラスにやられてしまうのが自然のことならば
ほっぺじーじさんが手に取ったことも自然な事、
そう思いましたよ

こうして文字に残す事で、ほっぺ家に
「小さな家族が居た証」になってるような
そんな気がします

No title

私は、そこ子に会ったからかな??気持ちが分かるわww
一度家族になったのだから、大切に思いますよね!!
野鳥はいけないと言っても、外にさらせれいれば、カラスは、ハトに弱っていればやれてしまいますものね!!
全然不快には思わないし、ほっぺママがした事はこの子にとって、とっても幸せだった事だと思いますよ。。。
良い事をして上げましたね!!

はじめまして。

 わたしも小学生の時、似たような経験をしました。
 すみません、長文になりそうですが。

 わたしの場合は、3匹のツバメの子でした。
 父親が職場で落ちている3匹を見つけ、巣に何度か戻したそうです。でも、巣にいた一番大きなヒナが、戻すたびに他の3匹を落としてしまったそうです。
 その3匹を父親が家に連れて帰ってきました。
 連れて帰ってきた以上、巣にはもう戻せないので育てることにしました。
 大、中、小と大きさが違うツバメに名前を付けて、最初はミルワーム、大きくなったら、シジミチョウなどの飛ぶ虫を捕まえて育てました。

 一生懸命育てたつもりでしたが、人に育てられたからか、弱い小さい子から順にしんでしまい、結局育ったのは大きな1匹だけでした。
 野生に戻ることができるのか、そのまま飼い続けようかなど、色々話し合いましたが、インコや文鳥などとはきっと違うこと、渡り鳥なのでやはり家では飼えないんじゃないか・・・ということで、野生に戻すことにしました。
 2,3日間は家に戻ってきて、わたし達が来るのを待っていましが、いつの間にやら姿を消していました。秋になってツバメたちが違う地域に渡るころ、1羽のツバメがわたしの近くをすーっと飛んで行きました。父親も同じことをいっていました。
 今でも、あれはあいさつだったのかなと話しています。

 もしかしたら、わたし達が手を出したことで、野生に戻れなかったかもしれません。本来なら、落とされた時点で、命を落とす運命だったのかもしれません。
 けれど、そこで父に拾われ、わたし達と過ごしたのも運命かもしれないし、自然界では口が小さいので餌をもらえなかった一番小さい子もお腹いっぱいに食べることができたことも、人間的な見方をすれば幸福だったかもしれません。わたしも美化するつもりはありませんし、メジロとツバメでは事情が違うかもしれませんが、読ませていただいて 
 野生の猫や捨てられて野生化したような犬は拾って飼って、落ちている小鳥は野生だからと手を出さない、あるいは手をだしてはいけない。目の前の命に何の違いがあるのか・・・など、割り切れない気持ちを思い出してしまいました。
 
 ほんとに長文すいません。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

めじろの赤ちゃん、そんな体験が出来て嬉しかったんじゃないでしょうか?
そんな飼い主さんのもとにいられるワンコやニャンコ、幸せですね。
勉強になりました、ありがとうございます。

イヴまま☆さんへ

ありがとうございます
野鳥についてのきまりは、なかなか難しいものですね
めじろは特に数年前までは許可があれば飼えた鳥だったようです。
これだけ人に近い場所で生活をしているとなると、
保護や一緒に生きて行く方法があってもいいように思いました。
・・・どんなに短い時間でも心に深く刻まれる、本当にそうですね。
可愛いみつおのことは忘れません。
どこかで待っててくれて、いつかまた会えると思っています。

ちゃたぽこママさんへ

ありがとうございます
ちゃたぽこママさんの言葉がすごく胸にしみて
PCの前で泣いてしまいました。
小さな家族がいた証、本当ですね。
晴れてみつお(あの子の名前です)はうちの家族になりました。
これからもみつおとの思い出を大切にしていこうと思います

華ママさんへ

ありがとうございます
そちらへおじゃました時も
みつおはすごく嬉しそうにしていましたよね。
出来る限りのことを、と思いましたが、力及ばずです。
みつおが幸せだったと言ってくださってありがとう
これからもみつおとの思い出、大事にします。

*nachi*さんへ

ありがとうございます
私も正直、野鳥についてはとにかくダメなんです、という言葉に
どうしていいか途方に暮れてしまいました。
命を助けようとしてるのか、悪いことをしてるのか、
なんだか分からなくなってしまって・・・
それでも日々、ごはんを食べて大きくなってくれて
とても嬉しかったのですが、助けることができず本当に残念です。
ツバメを育てるのはめじろより難しかったのでは、と思います。
小さい子が亡くなってしまったときは、つらかったでしょう
1羽でも大きくなるまで育て、巣立たせてあげられてよかったですね
きっと近くを飛んで行ったツバメが、おうちで育ててあげた子だと思いますよ
ありがとう、って言って行ったんだと思います

lilyぱぱさんへ

ありがとうございます
自然に返してあげられるまで育てたかったんですが、
ケガが治らず残念でした。
これからもめじろの子のことを忘れず、
おうちのワンコニャンコを大事にしていきたいと思います
CalendArchive
プロフィール

ほっぺじーじ

Author:ほっぺじーじ
ほっぺ パグ ♂
2008.11.20生
わんにゃん5匹の末っ子です。甘えん坊の食いしん坊
優しい兄姉をちょっとは気遣おうね(笑)

017_convert_20110102215252[1] ・・・小春 フレンチブルドッグ ♀ 2005.4.22生. お風呂とパパが大好き。ほっぺのステキなお姉さん
024_convert_20110102213559[1] ・・・ぶるし フレンチブルドッグ ♂ 2002.11.11生. 大娘への思いは健気。お散歩が大好き
031_convert_20110102215403[1] ・・・ポーちゃん ♂ 13歳.体調もよくなりわんことも仲良くお昼寝。みんなのお父さん
013_convert_20110102215453[1] ・・・ぴーちゃん ♀ 14歳.一声でみんなが言うこと聞いちゃう小さなお姫さま。カミナリが大キライなの
    ・・・みつお めじろの子 2011年5月に家族となりました
とけい
B*B Dog
bbdog01
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。